スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【ARカプセル】というものを作りました。ついにモニタから出てきてくれたけどカプセルの中に入ったようです。

Lua関係更新していなくてごめんなさい。
Lua5.2のwork(2)(アルファ版もしくはベータ版のようなもの)が出ていますね。根本的なところはそんなに修正がないので一安心。ただグローバルテーブルの入れ替え機能のあたりがかなりいじられている模様。ビット操作ライブラリの標準化などもされています。

公式: http://www.lua.org/work/
変更点などはドキュメントの下のほうにあります。
バイナリ(SJIS化無し)はこちら: http://luabinaries.sourceforge.net/



それで・・・ここ数カ月、個人で作っていた怪デバイスについて、集大成として、以下の動画を公開しました。

【ARカプセル】ついにモニタから出てきてくれた (5:20)



「存在感」もしくは「そこにいる感」を重視しています。

ARToolkit関連の四角形マーカーを使った素晴らしい動画はたくさんありますが、実際にやってみると、モニタを眺めながら、カメラの前にマーカーを示す感じになるので、手と目が別の空間にあるような感じになっちゃうんですよね。

そこで、「ARカプセル」では、頭につけたピコプロジェクターで投影していますので、裸眼で、つまり、モニタでしか見えないということがなく、何かメガネをかけたり、目の前に何かを置いたりしなくてもこの動画のような光景が見える、というのが特徴になっています。

そのかわり、目の横にプロジェクター+カメラ置きますけども。200gぐらいの。ちょっと冷却ファンがうるさかったりします。

ブレはまだ目立ちますけど、それでも当初よりずいぶん改善したんですよ。
マーカーの大きさやら、カメラのキャリブレーションやら、いろいろ調整して現状になっています。
まだいくつか方法はあると思っています。


ARCapsule_lear_lookme

演出上工夫したのは「こっち向いて」と「キラッ☆」ですね。
「こっち向いて」はARTK_Aliveさまさまです。ちょっと座標系の調整には苦労しましたが。
あとは頂き物のモデルとモーションがすばらしいです。

レアさんのモーションだけMikuMikuDanceで自分でつけてます。

現状の問題は、プロジェクタとカメラの視野があまり広くないことです。動画ではクリッピングしていますので、あまりわからないとは思いますが。



・・・えっと、それにしても、ここまで再生数伸びるのは想定外ですよ。おかしい。
ニコニコ動画のユーザー層と自分の好みがぴったり合っていたということでしょうか…。
コメントよく見ていますが、仕事が手につきません!


このあとどう展開するかというのは正直悩ましいところです。独力ではたかが知れていますしね。
わりあい自由な身なので、この関係のプロジェクト中心に考えていけるならば、それは面白いなと思っています。

空想の具現化、という意味ではやっとブログの名前に追いついてきたか・・・な?
妄想?

キモイとかゆうな~。



ついったーではたまに #ARCAPSULE のハッシュタグで発言していますのでよろしければどうぞ。

使用ツール、および謝辞について、以下に掲載させて頂きます。(動画内にもあります)




ヘッドマウンテッドプロジェクターを使った研究はいくつか存在します。
私自信は研究畑ではなく、必ずしも研究の流れに沿って作っているわけではないですが、ウェブ上の情報などはいろいろ調べていますし、もろもろ影響を受けています。

似た感じの研究など

かなり似た感じの研究としては、岐阜大 木島先生のものが挙げられると思います。

舘研のこちら[PDF](テレイグジスタンスの研究(第34 報)- 高存在感提示システムの試験的実装 -)の片側の構成も相当近いですね。



謝辞

以下のデータを利用させて頂きました。
・「レア」モデル(かにひらさん)
・「うさうさ」モデル(かにひらさん)
・「初音ミク」七葉1052式カスタムv1.04
・「星間飛行」モーション しばしゅーさん作 ジョニーさん振り付け版

作者の皆様
ありがとうございますm(_ _)m

映像のうち、初音ミク登場部分は、ピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「初音ミク」をレンダリングしたものです。

以下のライブラリ・ツールを利用させて頂きました。
・ARTK_Alive(PY様)
・GLMetaseq (工学ナビ橋本様)
・ARToolkit
・MikuMikuDance(樋口様)
・その他VC++等一般的なもの

作者の皆様に感謝いたします。

このシステムは、
(現慶応大学)稲見先生の
「光学迷彩」についての研究
にヒントを得て作成しました。

また、その他様々な
VR/AR関連の研究を
参考にさせて頂きました。

ありがとうございます m(_ _)m

最後に、デモを見たり、体験して頂いた方、ニコニコ動画でコメント・マイリスしてくださった方、ついったでコメントして頂いた方に感謝!
スポンサーサイト

2010.02.12 | Comments(11) | Trackback(0) | AR

コメント

自作ゲームにスクリプト言語を組み込みたくて、あちこち渡っている時に、偶然此方を発見させて頂き、、あした。

そして「スクリプト言語による効率的ゲーム開発 C/C++へのLua組込み実践」の御本を見て。
れはいいなぁと思ってたら。

何処かで見た動画を見て驚きました。

大ファンです!

ニコニコでランキングに上がっていた際、拝見させて頂いて。

凄い、これ欲しい、とか物凄く楽しませていただきました。

これからもブログ、拝見させて頂きたいと思っております。

頑張って下さい!

あ、御本購入させて頂きました。

何処にも売ってないよ!?

とか言いながら>w<

2010-02-20 土 22:38:36 | URL | まみむ #HfMzn2gY [ 編集]

>まみむさん

動画見ていただいてありがとうございます。

別段事業化の動きがあるわけではありませんが、
近年中にこの手のものが商品になるはずです。なるに違いない。

Lua本のほうもご購入頂いたようで、重ねて恐縮です。
結構気合入れて書いた本ですので気に入って頂けたら嬉しいです。

ブログのほうは放置しがちで申し訳ないです。
本当はもっと本の宣伝を書かないといけなかったはずで(汗

今後も気を抜いて頑張ってまいります~

2010-02-21 日 17:47:51 | URL | はむ! #sqCyeZqA [ 編集]

おいら的には、このシステムを使ってゲームとか出来ると楽しそうだと思いました!

ジオラマの様な世界を180度好きな方向から冒険して。

こう、自分の立ち位置で歩く方向を決めれたり、モンスターの後ろを取れたり、妄想は膨らみます(・-・*)ヌフフ♪

2010-02-22 月 18:36:40 | URL | まみむ #HfMzn2gY [ 編集]

>まみむさん

円柱型カプセルスクリーンの中で第3者視点の3Dゲームを
やる感じでしょうか?(没入型VR的なものではないんですよね)

視野がせまいので制約多そうですけど、逆にそういうところに
うまくはまるゲームデザインも案外あるかもしれませんね。

周囲が見えないホラー系とか?

そういえば、昔のポピュラス(シミュレーションゲーム)とかパワーモンガーとかでは、四角柱状に切り取ったようなマップでした。計算能力の制約からきていたデザインだったんだろうとは思いますが…。

2010-02-25 木 23:46:29 | URL | はむ! #sqCyeZqA [ 編集]

あ、イメージは一人称視点をイメージしてました><

円柱の周りをプレイヤー自身でくるくる回って有利な位置を確保したりです。

前後移動はコントローラー入力になっちゃうと思いますが;w:

でも、でも確かに3人称にしないと、視野狭くて把握しずらいのかもです位置とか。

そういえばポピュラス似てますよねああいうイメージ大好きです。

WIIとかPS3にヘッド部分を接続出来たら面白そうですよね。

WIIならリモコンを振り回しながら1人称視点にしたら、立体的な立ち回りと武器を振り回す快感を。

今でもいい年こいて現実世界で武器持ってモンスターと戦いたいとか思いますし、それにかなり近くなるんじゃないかとワクワクです。

PS3なら超カッコいい&可愛い美麗モデルを眺めながら遊べたり。そうなると、恋愛要素とか!

NPCと会話する時はアップで、そんな事になったら手が滑りそうですw



本読み終わりましたー。

作者さんのブログで感想を言うのも何ですが。

凄すぎます。

面白すぎて二日で読まされました!

あまりにもハイテンションになったので、自分のブログで紹介しちゃいました。

本に掲載されていたソースとか技術とかは書かない様に心掛けましたが大丈夫でしょうか。

2010-02-26 金 15:51:47 | URL | まみむ #HfMzn2gY [ 編集]

>まみむ さん

円柱のまわりをまわりながら、ですか。意外なアイデアでした。
ありがとうございます。その方向で何か面白い方向性もありそうな感じがしますね。

円柱の向こうに別空間が見えると、本来のアイデア(円柱状の空間を切り取って置き換える)からはちょっとずれますけど、それはそれで「異次元への穴」みたいな別の感覚があるかもしれません。またはどこでもドア?

あと、もうちょっとでかい円柱スクリーンを作る工夫をしないといけませんね。不可視マーカーなんかをうまく組み合わせられないかなぁと考えています。

それから、Lua本のご感想ありがとうございます。
あんまり褒めて頂くとこそばゆいので、ダメな点なども遠慮なくお書きください(^^;

ネタなどは、丸コピーじゃなければある程度書いて全然問題ありません。基本的に公開情報ですので。

それでは。

2010-02-26 金 18:32:15 | URL | はむ! #sqCyeZqA [ 編集]

おいらはファンタジー世界に行くんじゃなくて。

「ファンタジー世界が来い!」 派なのでw凄くワクワクです>w<

でも、大きめでないとゲームは大変ですよね。

御本の方は、本当に良かったです。

売り切れるのも納得だなぁという感じでしたw



2010-02-27 土 11:39:02 | URL | まみむ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-03-04 木 22:48:22 | | # [ 編集]

>まみむ さん

ごめんなさい、バタバタしていて、コメント承認したつもりでおりました…。

「ARカプセル」はいろいろ改良とか、用途を考えています。
またご意見などお伺いできれば嬉しいです。

ではでは。

2010-03-05 金 23:32:08 | URL | はむ! #sqCyeZqA [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-03-09 火 02:49:00 | | # [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011-09-14 水 16:41:53 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

新しい記事へ <<  | HOME |  >> 古い記事へ

広告:

FC2Ad

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(13)
  • Lua(38)
  • プログラミング(11)
  • 食べ物(3)
  • SPAM(2)
  • ゲーム開発(4)
  • GIS/GPS/GoogleMaps(2)
  • スポーツ(1)
  • Skype API(1)
  • AR(1)

はてブ ランキング

ブログ全体: このWikiのはてなブックマーク数

プロフィール

はむ!

Author:はむ!
よく使う言語・環境:
C++,C,Lua,java,VBA,DB
たまにPHPとかjavascript
血液型:O型

メール: lua%ham.nifty.jp
(%を@に変えてください)
ついったー: @hammmm

Lua関連アンテナ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。