スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Subversionサーバー(Windows)で日本語コミットメールを送る

今、古いWindowsNT4サーバーの廃止に向けて、いろいろとWindows Server2003に移動しています。思ってみれば、NT4もずいぶん使い出のあったものです。しかしさすがにセキュリティパッチも出ませんし、そろそろ廃止しなければ、と。

最近はバージョン管理システムもCVSからSubversionに移行しつつある様子ですが、この際ということで、本格的にSubversionサーバーをセットアップすることにしました。なお、うちではサーバー類を全部Windowsで動かすのがポリシーのようになってきていますので、Windows環境(Windows Server 2003)です。

#ちなみに、ircサーバーだけは、Windows版バイナリがウイルス扱いされるので(苦笑)vmware上のlinuxで動かしています・・・

Subversionの設置手法は svnserve.exe(Subversion付属サーバーソフト) + cygwin sshd といった感じです。
SVN+SSHの設定も多少面倒だったのですが、だいたいポイントは以下のような感じ。

・Windows上に追加するSSH使用ユーザーは1人分で良く、home/svn_user/.ssh/authorized_keys 内に複数人分のエントリを書いておき、SVN上で記録するユーザー名の指定は svnserve のパラメータ --tunnel-user で可能。
 (もちろんWindows上で複数ユーザーを作成し、それぞれにSSHを設定する方法もあるが、この場合ユーザーのファイル関連パーミッション設定などに注意する必要がある。umask 002を設定するシェルスクリプトでsvnserve.exeをラップするといいらしい)
・authorized_keys内、svnserveの-rで設定するリポジトリ位置は C:/xxx/xxx の記法でうまくいった
・authorized_keysに書く暗号規格の文字列は RSAの場合はssh-rsa だが DSAの場合はssh-dss
sshd_config内で UseDNS no にしないとSSHDにリモートから接続するたびに数秒ラグが発生する
・cygwinのシェルスクリプトでは、改行コードをUNIX系にしないと誤動作する


さて、本題のコミットメールです。

とにかく成果物ということで・・・

以下の2つのファイルを設置すればWindows版Subversionで日本語コミットメールが送れます。
ただし、大したテストはしていませんし、もちろん無保証です。自己責任でどうぞ。

Perl5.8.x必須です。
sendmail代替用にsendまね~るがおすすめです。

commit-email-jp.pl
コンピュータ内の任意のフォルダにおいてください。

Configuration sectionあたりの変数を修正して、
svnlookの位置、sendmail (sendまね~る)の位置を指定してください。また、出力エンコーディングの変更も可能です。
一応、本家からのパッチはこれ。パッチ自体は設置の必要はありません。

2007/12/4 メールの送信時刻がずれる問題を修正しました(Dateヘッダを出力しないよう修正)

post-commit.bat
リポジトリのhooksディレクトリに置いてください。
perlのパスと上記commit-email-jp.plへのパスを設定してください。


なお、特にWindowsじゃないと動かないというような修正はしていないつもりですが、UNIX環境でどうなるかはテストしていません。

以下、経緯や詳細など。


【“Subversionサーバー(Windows)で日本語コミットメールを送る”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

2007.11.26 | Comments(0) | Trackback(0) | プログラミング

VC++「カスタムビルドステップ」の罠

VisualC++には「カスタムビルドステップ」という、(本来は・・)とっても便利な機能があります。
これは、プロジェクトに含まれたファイルについて、いわゆる一般的なビルド時の依存関係に加えて、オリジナルの依存関係を追加することができるものです。

いってみれば、VC++IDEにおいて、unix系のmakeコマンドと同様の柔軟さを実現することができる機能です。VC++2005では拡張子単位でビルド方法を指定できる(と思われる)「カスタムビルド規則」が追加されており、さらに強化されています。

たとえば、スクリプト言語のバインドコードを作成する場合なんかにとっても有用といえます。
固定値をエクセルファイルで管理している場合などにも使えますね。

しかし、僕にとっては、この機能を利用したとき、わけがわからなくなって、悩んだ思い出ばかりが思い出されるのです・・・。
今回Webで情報を探しまくった結果、その理由の一端がわかったような気がします。


【“VC++「カスタムビルドステップ」の罠”の続きを読む】

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

2007.11.16 | Comments(1) | Trackback(0) | プログラミング

仮想デスクトップ Virtual Dimension 0.95日本語化

Virtual Dimension(バーチャル・ディメンジョン)とは、いわゆる仮想デスクトップツールのひとつで、デスクトップを何枚も切り替えて、擬似的に広いディスプレイのような環境を実現するツールです。

最近はデスクトップの液晶が大型化しているので、こういったツールの出番も減ってきているのかもしれませんが、
・モバイル系ノートPC
・仕事と息抜きで気分を変えたい場合
などに威力を発揮するのではないでしょうか。

動作は比較的高速で、非常にすっきりとまとまっているだけでなく、案外高機能です。
特に、今いるデスクトップ上にあるウィンドウ以外はタスクバーに表示しないようになっており、いつもタスクバーが混雑している筆者には非常にありがたいところ。

本家の開発は止まり気味なのですが、オープンソースなのをいいことに、勝手にCVS最新版からビルドして、あまつさえ日本語化してしまおう、と。
できればデスクトップごとにランチャーをつけたいところですが、そこまでいけるかどうかは謎です。

Virtual Dimension 0.95 jp1


いうことでできたのがこちら。
なお、最初は英語で始まりますが、右クリックメニューから Language→Japanese と選ぶと日本語表示になります。

2007/11/8
・インストーラの言語を日本語にしました。
・最初から日本語になるようにしました。フォントの変更も必要ありません。(MSゴシックになります)
・※20071107版のzip圧縮版ではファイル(HoolDLL.dll,mingwm10.dll)が足りていませんでした。申し訳ありません。インストーラ版では大丈夫です。
・「プログラムの追加と削除」にアンインストーラが表示されるようにしました。
・ウィンドウを隠す方法の除外設定(explorerとIE)について、WindowsのシステムがCドライブ以外の場合にも対応するようにしました。(インストーラ実行時に設定)

インストーラ版(推奨):
VirtualDimension-Setup-0.95jp1_20071108.exe
(305292 bytes)

zip圧縮版:
VirtualDimension-0.95jp1_20071108_bin.zip
(330168 bytes)

ソースコード:
VirtualDimension-0.95jp1_20071108_src.zip
(245943 bytes)

本家ウェブサイト(英語):http://virt-dimension.sourceforge.net/

<以下に日本語化や修正点などの詳細>


【“仮想デスクトップ Virtual Dimension 0.95日本語化”の続きを読む】

テーマ:デスクトップ - ジャンル:コンピュータ

2007.11.07 | Comments(4) | Trackback(1) | プログラミング

新しい記事へ <<  | HOME |  >> 古い記事へ

広告:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(13)
  • Lua(38)
  • プログラミング(11)
  • 食べ物(3)
  • SPAM(2)
  • ゲーム開発(4)
  • GIS/GPS/GoogleMaps(2)
  • スポーツ(1)
  • Skype API(1)
  • AR(1)

はてブ ランキング

ブログ全体: このWikiのはてなブックマーク数

プロフィール

はむ!

Author:はむ!
よく使う言語・環境:
C++,C,Lua,java,VBA,DB
たまにPHPとかjavascript
血液型:O型

メール: lua%ham.nifty.jp
(%を@に変えてください)
ついったー: @hammmm

Lua関連アンテナ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。