スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

1/17のIGDA日本ゲームテクノロジー研究会(SIG-GT)第12回研究会「ゲームにおけるスクリプト言語の現状」に出ます

ずいぶん間をあけてしまいましてすみません。昨年前半は主に本を書いていた分、最近はプログラミング仕事モードといった感じです。

ぎりぎりになってしまいましたが告知させて頂きます。

IGDA日本ゲームテクノロジー研究会(SIG-GT)第12回研究会「ゲームにおけるスクリプト言語の現状」
http://www.igda.jp/modules/eguide/event.php?eid=58

※今現在で予約率が94%、予約締切が13日(火)13:00までとのことですので、もし参加されるならばお早めにどうぞ m(_ _)m


先日Luaスクリプト関連の本を書かせて頂いたわけですが、そもそも、 「ゲームに使えるスクリプト関連の資料とか、経験に基づいた指針となるような情報が(日本語では)得難い」 というような思いから、結局自分で書くという方向で機会を頂きました。

本だけでなく、ゲーム開発系のプログラマーがそういった話題について議論する場というのも今まであまりなくて、大手メーカー内部とかであればいざ知らず、中小メーカーなどのプログラマーはあまりまとまった情報のない中で、それぞれ努力しているといった感じになっています。

スクリプト言語に関しては、開発効率であるとか分業の点で、現代のゲーム開発にはなくてはならない存在となっている、と感じるところです。しかしゲームの開発の初期段階から判断しなければならないところですし、独自開発となるとコストが馬鹿になりません。

海外であればGamaSutraの開発事後検証記事であるとか、かなり活発なフォーラム(gamedev.net)なんかもあって、それなりに方針を決める助けになるんですが、日本(語)ではそういうのもあまりなく(2ch程度)、そもそも機密保持の関係もあって情報を出しにくいところもあり、日本のメーカーをまたがったような知見の共有が進んでいない、共通認識が形成されていない、というのが問題意識になります。もっとも最近はCEDEC等で少しずつ改善されているところではありますけどね。

 

そこで、ちょくちょくセミナーに(1参加者として)顔を出させて頂いているIGDAのほうで、スクリプト言語関連セミナーをやるということで、そのとっかかりのところでLua関連で話をするという役割を頂くことになりました。

肝心の内容ですが、私のほうはLua本の内容とおおかた被る内容になるかとおもいます。ご期待に沿える内容になればと思いますが、正直いいましてあまり慣れないところではあります・・・。

しかし何より、次にお話されるCriScriptの製作者Hak氏、それからパネル・ディスカッションに参加されるメンツがすばらしいです。

そのあたりはepics氏のブログ記事が詳しいです。
http://d.hatena.ne.jp/epics/20081228/p1

 

パネルのほうでゲームに使われるスクリプト言語の現状の共通認識と、今後の方向性のようなものが形成されるのではないか・・・と、私自信も期待しているところです。

そんなところですが、もしよろしければ。

スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

2009.01.10 | Comments(3) | Trackback(0) | Lua

新しい記事へ <<  | HOME |  >> 古い記事へ

広告:

FC2Ad

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(13)
  • Lua(38)
  • プログラミング(11)
  • 食べ物(3)
  • SPAM(2)
  • ゲーム開発(4)
  • GIS/GPS/GoogleMaps(2)
  • スポーツ(1)
  • Skype API(1)
  • AR(1)

はてブ ランキング

ブログ全体: このWikiのはてなブックマーク数

プロフィール

はむ!

Author:はむ!
よく使う言語・環境:
C++,C,Lua,java,VBA,DB
たまにPHPとかjavascript
血液型:O型

メール: lua%ham.nifty.jp
(%を@に変えてください)
ついったー: @hammmm

Lua関連アンテナ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。