スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

[Lua] LuaJITで実行速度アップ!

LuaJIT 1.0.3 が初公開されました。
これは、簡単に言えば、より高速にLuaスクリプトを実行する環境です。
Lua5.1alphaをベースにしているようです。

http://luajit.luaforge.net/


JITというのは、Just-In-Timeの略です。
Javaの出始めのころ、Javaの実行速度アップのためにJava用のJITコンパイラがSymantecなどからリリースされていたことを思い出します。実行対象になったスクリプトを、その場で(Just-In-Time)ネイティブコードにコンパイルしながら実行する環境のことを指します。このため、速度は、よりネイティブコードに近づきます。

速度が向上している様子はこちら。
http://luajit.luaforge.net/luajit_performance.html

コードによっては7倍近く速度が上がっていますね。平均で2倍程度でしょうか。いずれにしても大幅の速度アップです。Luaは今まででもスクリプト言語としては比較的高速な部類でしたが、これがあれば「鬼に金棒」か?

なお、LuaJITはLuaの開発チームからリリースされたわけではありませんので、公式に認められたものになるかどうかはわかりません。しかしながら現状でかなり実装がしっかりしているようで、「問題なく動作した」という報告が相次いでいます。

いくつかの特徴をあげておきます
・JITコンパイラは非常に速い:通常マイクロ秒のオーダーでコンパイルが完了する
・JITコンパイラエンジンは非常に小さい:約25KBをLuaコアに加えるだけ
・現状ではx86CPUのみに対応(Linux/FreeBSD/NetBSD/OpenBSD/MingW/MSVC)

LuaJITはどうもMike Pollさん一人で作っているようです。ほんまえらい人やな。

スポンサーサイト

2005.09.10 | Comments(0) | Trackback(0) | Lua

コメント

コメントの投稿


秘密にする

新しい記事へ <<  | HOME |  >> 古い記事へ

広告:

FC2Ad

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(13)
  • Lua(38)
  • プログラミング(11)
  • 食べ物(3)
  • SPAM(2)
  • ゲーム開発(4)
  • GIS/GPS/GoogleMaps(2)
  • スポーツ(1)
  • Skype API(1)
  • AR(1)

はてブ ランキング

ブログ全体: このWikiのはてなブックマーク数

プロフィール

はむ!

Author:はむ!
よく使う言語・環境:
C++,C,Lua,java,VBA,DB
たまにPHPとかjavascript
血液型:O型

メール: lua%ham.nifty.jp
(%を@に変えてください)
ついったー: @hammmm

Lua関連アンテナ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。