スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

XPlanner(0.7beta1)でエクストリームプログラミング

エクストリームプログラミング(XP)といえば、最近はかなり市民権を得ているように思います。
XPとは、べテランプログラマーが本能的に実践しているいくつかの手法を、極限まで進化させたらどうなるか、といった感じの開発スタイルです。

例えば以下のようなことを主な習慣「プラクティス」としています。
・小さくて頻繁なリリース:多少とも動作する状態を保ち、現在の状態が誰にでもわかりやすいようにする
・ペアプログラミング:2人で1つのPCに向かってプログラミングを行う。ペアの変更も時々行う。
・テスト駆動:常時プログラムの正しさをチェックする。バグに対してテストを作成する
・リファクタリング:積極的に既存コードに手を入れ、コードをシンプルな状態に保つ
・コードを人の持ち物にしない:他の人のコードも適宜修正して良い
・コーディング規約を定める:書く人によって違いが大きくならないように

古くからソフトウェア開発の基本と謳われてきたウォーターフォールモデル、つまりあの機能を作ってこの機能を作ってデバッグすればできあがり・・・という考え方、の対極という感じの考え方で、これを見たときはかなりの衝撃があったと共に、プログラマとして本質的に支持したくなる考え方だったことを思い出します。とはいえ少々理想に走りすぎていて、そのまま実践するのも難しかろうという感じもあります。

さて、それはともかく・・・。

XPlanner 0.7beta1
そのエクストリームプログラミング(XP)をサポートするツールの1つである XPlanner をインストールしてみました。しかしながら本格的にXPを導入するわけではなく、多少進化したTODOリスト+進捗管理みたいな方向で使用できればという感じです(苦笑

XPlanner画面写真(中)


感触としては、惜しい、どうもあまり気が利いてないかなぁというところです。一覧性があまり高くないことと、多様な表示方法をとれないことが問題に感じます。検索機能も十分ではありません。どうもXP的に特化しすぎて使いにくくなっているという気もします。

・・・とまあちょっと良くない点ばかり書いてしまいましたが、もうしばらく使ってみることにします。なんか自分でいろいろいじって機能向上を図りたくなってきます。

(もっと多機能ぽいdotProjectも気になるなぁ・・・)


インストール時のメモなどを貼っておきます。

こちらもご覧ください>XPlanner0.7b1のINSTALL.TXTについて


XPlanner 0.7beta1 インストールメモ

環境は・・・ WindowsNT4.0SP6 + Apache1.3 + MySQL3.23 + php5.0.3 です。

基本的には以下のページの説明に従いますが、問題があった点を書いておきます。
various xplanner Wiki:XPlanner0.6.2セットアップ

・xplanner/WEB-INF/classes/xplanner-custom.properties を xplanner-custom.properties_orig等にリネームする(こちらが優先されてxplanner.propertiesが効かなくなるため)

・xplanner.properties のMySQLの部分のコメントを外す
(ユーザー・パスワードはDBの設定と同じにする)

・日本語を通すため、JDBC接続文字列には useUnicode=true&characterEncoding=SJIS を追加

hibernate.connection.url=jdbc:mysql://localhost/xplanner?autoReconnect=true&useUnicode=true&characterEncoding=SJIS
↑のxplannerはデータベース名なので適宜修正


ant install.db.schema実行時に停止する場合

・・・・
[java.tool] - Initializing c3p0 pool...
<ここに10行ぐらい続く>

と表示された状態からなかなか進まない場合は、データベースへのログインに失敗している。解決策としては以下のような感じ

- MySQLのユーザーの権限を増やす
- MySQLのユーザーのアクセス元ホストを調整する・
- xplanner.propertiesのユーザー名・パスワードと一致しているか確認する
- xplanner-custom.propertiesが存在していたらリネームまたは削除する

xplanner.warの作成?
ant build.warは実行できなかった。

仕方ないので、xplannerディレクトリをそのままtomcatのwebappディレクトリ以下に移動した。
(本来の方法が別にあるのだと思いますが、とりあえず動きました)

そしてtomcatを開始すればOK。


テスト
ブラウザから
http://localhost:8080/xplanner/
でアクセスできるはず。ログイン画面が出ます。
デフォルトであれば、ユーザー:sysadmin パスワード:admin で入れるはず。

日本語リソース(独自修正入り)
標準でも半分ぐらい日本語が出ます。

WEB-INF\classes\ResourceBundle_ja.properties を
variousxplannerのものに置き換えることで0.7beta1対応になります。

(推奨されている xplanner/resource/ に置く方法ではうまくいきませんでした。)

私が独自に修正したリソースファイルをおいておきます。various xplannerのものを元にして、実用志向でかなりいじってます。
ResourceBundle_ja.properties

native2ascii変換前のソースはこちら。適当に使ってもらって大丈夫です。

MySQLのJDBCコネクタ「Connector/J」のアップデート
そのままでも動きますが、添付ファイルがアップロードできない問題があったのでアップデート。

http://dev.mysql.com/downloads/connector/j/3.2.html

ダウンロードした書庫内の mysql-connector-java-3.2.0-alpha-bin.jar をxplanner/WEB-INF/libに置けばOK。

問題点
- 一部テーブル内の文字列が日本語化されない
リソースには存在するので、xplanner本体サイドの問題と思われる。

スポンサーサイト

2005.09.20 | Comments(2) | Trackback(0) | プログラミング

コメント

日本語リソース

一応variousxpalnnerの管理者をやっています。
ここの日本語リソースとvariousxplannerの日本語リソースを見比べてみました。
最近訳をやっていなかったことと、日本語表現の乏しさで、variousxpalnnerのものは不十分な訳ばかりでした。
こちらの日本語リソースファイルを採用したいと検討しています。
いかがでしょうか。
また、共同で日本語リソース開発できる環境も整えようと考えています。もし興味がありましたら、プロジェクトメンバー(たいしたプロジェクトではありませんが・・)に参加お願いいたします。

2005-09-21 水 22:21:44 | URL | stsumaj #VWFaYlLU [ 編集]

コメントありがとうございます!
XP自体についてあまり詳しくないこともあり、変な訳もあるかと思いますが、採用していただけるなら非常に有難いです。(全部じゃなくても良いですし)

この記事を書いた時点からの修正点として、
acceptorの「受入担当」を「担当」にしたほうが良いような気がしています。どうも実際の作業者を表しているようですので。

プロジェクトのほうもせっかくなので参加させて頂きます。SourceForge.jpのアカウント作ったかどうか失念しましたが・・・^^;

2005-09-22 木 02:26:56 | URL | はむ! #sqCyeZqA [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

新しい記事へ <<  | HOME |  >> 古い記事へ

広告:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(13)
  • Lua(38)
  • プログラミング(11)
  • 食べ物(3)
  • SPAM(2)
  • ゲーム開発(4)
  • GIS/GPS/GoogleMaps(2)
  • スポーツ(1)
  • Skype API(1)
  • AR(1)

はてブ ランキング

ブログ全体: このWikiのはてなブックマーク数

プロフィール

はむ!

Author:はむ!
よく使う言語・環境:
C++,C,Lua,java,VBA,DB
たまにPHPとかjavascript
血液型:O型

メール: lua%ham.nifty.jp
(%を@に変えてください)
ついったー: @hammmm

Lua関連アンテナ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。