スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

[Lua] SciTE 1.66:プログラミング用エディタ

2007/6/15 SciTEの設定はこちらにまとめました>SciTE@空想具現化プログラミング

Luaの編集用に良いエディタはないかな・・・ということで、SciTEの最新版をダウンロードして、触ってみました。SciTEというのは、プログラミング用のテキストエディタで、さまざまなプログラミング言語の構文処理に優れています。
SciTE公式サイト http://www.scintilla.org/SciTE.html

たぶんSciTEは「サイト」という読みなんだと思うのですが、そうすると上のURLは「サイト公式サイト」・・・げふんげふん

1年ほど前に触ってみた時は日本語処理に難がある印象でしたが、今回触ってみると案外良い感触でした。テキストの折り返しをしても日本語が化けないようになっていました。

このエディターはScintillaという構文解析エンジンをベースにしているそうで、構文解析はしっかりしていて、キーワードやコメントのカラーリング・関数などの折りたたみも可能です。
また、編集中のファイル(の種類)に対する実行設定ができ、実行結果は右のペインに表示されるのもなかなか便利。半ばIDEのような感覚で使うことができます。

Luaだけでなく、C/C++/python/Ruby/SQL/VBなどなど、名の知れた言語はサポートしているようで、珍しいところではMakefileやShell、アセンブラなどもありました。(・・・と思ってアセンブラに変更してみたら例外吐きましたがorz)

SciTE画面写真small


ダウンロードはこちらから可能ですが、そのままでは日本語が表示されないので少々設定が必要です。

使用感についてはこちらの記事をどうぞ。
エクスプローラからセッションファイルをダブルクリックで開くようにする方法はこちら


<SciTE設定メモ>

SciTEのメニューからOptions→Open Global Options Fileを選ぶと設定ファイルを編集している状態になります。そこで、以下の部分を修正します。


# Internationalisation
# Japanese input code page 932 and ShiftJIS character set 128
code.page=932
character.set=128

下2行の先頭の#を削除します。そしてこのファイルをCtrl+Sなどで保存した瞬間にフォントが変わり、日本語が表示可能になります。再起動などを要しないのがちょっとびっくりです。

また、おすすめ設定として、最近編集したファイルを記憶しておき、また前回の状態を再現することができる以下の設定をご紹介しておきます。

save.recent=1
save.session=1

2行とも初期状態では先頭に#がついているのでこれを削除します。

save.recentがいわゆる「最近編集したファイル」リストで、
save.sessionが「前回終了時の状態を再現」といった感じです。

フォント設定ですが・・・。

if PLAT_WIN
font.base=font:MS ゴシック,size:9
font.small=font:MS ゴシック,size:8
font.comment=font:MS ゴシック,size:9
font.code.comment.box=$(font.comment)
font.code.comment.line=$(font.comment)
font.code.comment.doc=$(font.comment)
font.text=font:MS ゴシック,size:11
font.text.comment=font:MS ゴシック,size:9
font.embedded.base=font:MS ゴシック,size:9
font.embedded.comment=font:MS ゴシック,size:8
font.monospace=font:MS ゴシック,size:9
font.vbs=font:Lucida Sans Unicode,size:10
if PLAT_GTK

とりあえず使い慣れたゴシックフォントで・・・。


tabsize=4
indent.size=4

タブです。このあたりはお好みで。

あとステータスバーはあったほうが便利だと思うので・・・

statusbar.visible=1

これも '#' を削除です。

・・・もうちょっとデフォルトに機能つけておけばいいのに。
見た目シンプルなのも考え物です。それに、GUI設定画面に慣れた我々には少々面倒です。プログラマ向けということでそこらへんは気にしないってスタンスでしょうか。


また、ビルド設定はlua.propertiesに

command.compile.*.lua=LuaC-5.0.exe -o "$(FileName).luc" "$(FileNameExt)"
# Lua 5.0
command.go.*.lua=Lua-5.0.exe "$(FileNameExt)"

とありますので環境にあわせて適当に修正すればメニューのToolsからコンパイルや実行(Go)などが可能です。


あとは・・・ビルド設定のようなディレクトリ特有の設定を行うことなどもできます。
メニューより Options → Open Local Options File とすれば、編集中のファイルと同じディレクトリのSciTE.propertiesを編集する画面になります。ここで記述するとそのディレクトリ用の設定になるようです。


メニューなどの日本語化についての参考サイトはこちら。
http://h12u.com/scixx/  SciTE/Scintilla いろいろ。
スポンサーサイト

2005.09.26 | Comments(1) | Trackback(1) | Lua

コメント

sciTE color in selection

sciTEをありがたく使っている者です。
マウスでselectされた部分の色が分かりづらく、少々不満に思っておりました。
しかし、見つけれました。
Global Options Fileの80行目にある、部分を変更すれば、実現できました。

selection.back=#000000 <---original
selection.fore=#FF0000 <---文字色 赤
selection.back=#0000FF <--- バック 薄紫

今まで、色々調べたり、或いは、Gooで質問したりしても、回答は得られませんでした。
この知識を、共有できたらと思い、メールさせていただきます。

2007-09-09 日 14:50:16 | URL | Ito #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://hammm.blog21.fc2.com/tb.php/31-e8bfab84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[プログラミング]Luaスクリプティングのジレンマ

最近「コードが書きやすい故に書き続けていると効率が落ちていきやがて破綻する」という書きやすいプログラミング言語のジレンマというものを感じている。 しばらくLuaでプログラミングをやっている。ソースコードも十分な量になってきた。 しかし、5000行を超えるあたりか

2006.06.03 | DELPHIER@はてな

新しい記事へ <<  | HOME |  >> 古い記事へ

広告:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(13)
  • Lua(38)
  • プログラミング(11)
  • 食べ物(3)
  • SPAM(2)
  • ゲーム開発(4)
  • GIS/GPS/GoogleMaps(2)
  • スポーツ(1)
  • Skype API(1)
  • AR(1)

はてブ ランキング

ブログ全体: このWikiのはてなブックマーク数

プロフィール

はむ!

Author:はむ!
よく使う言語・環境:
C++,C,Lua,java,VBA,DB
たまにPHPとかjavascript
血液型:O型

メール: lua%ham.nifty.jp
(%を@に変えてください)
ついったー: @hammmm

Lua関連アンテナ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。