スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Google Base はセマンティック・ウェブ実現への尖兵か?

昨日あたりにGoogle Baseというサービスが発表されたとのこと。
ベータ版が利用できます。
>>CNetの記事


以下の話は妄想ベースで、誤りがかなり多いかもしれません・・・と先にいっときます。
十分Google Baseを使ってみてから書いたわけでもありません。


Googleといえば検索の精度の高さで既にデフォなツールとなっているわけですが、まだまだ使いづらさがあるのも事実です。

いくつかの単語でAND検索をかけたとしても、やたらでかい、なんでも屋みたいなページがヒットしてしまうことなどもよくあります。肝心の、ほしい情報だけをピンポイントで含むようなページはすぐ見つかるとは限りません。


こういったことがおこるのは、これらのwebの情報は基本的にはhtmlベースで、要は「人間向け」の文章だからです。じゃあ、コンピュータが意味を理解できるような方法はないか?ということで始まった概念が「セマンティック・ウェブ」です。コンピュータが情報の意味を理解できるような情報が世界中のweb上に置かれ、それらが検索など処理可能な形で結びつく。コンピュータによって理解されるということは、コンピュータによって出力可能ということでもありますから、サービス同士が結びつくことが可能になってきます。これによって、今までのHTMLに基づく曖昧な情報だけではできなかったような、さまざまなサービスを提供できるようになる(RSSにその片鱗が見えますね)。これがセマンティック・ウェブなのです。

こういった考え方はXMLやRDFなどのフォーマット策定につながりました。しかしながら、現状ではXMLはアプリの保存フォーマットに使われたりすることのほうが多く、RSSなどの用途でようやく広まってきたものの、まだ爆発的普及のきざしは見え始めたかどうか?という程度です。いずれにしても、セマンティック・ウェブは必ず実現されるのであって、いまそのきっかけを待っている、というのが現状だと思います。



そこでGoogle Baseですよ。まずは世界中のユーザーが好き勝手に入れたい情報をいれる。
情報にはさまざまなカテゴリがあって、そのカテゴリごとに属性値もいろいろあるわけですが、Google Baseではユーザーが新しいカテゴリ(item type)を追加できるようになっています。そのカテゴリに、複数の属性値を設定することができます。たとえばラーメンであれば、麺の多さ、ヤサイの多さ、アブラの多さ、ニンニクが入っているかどうか、といった具合で(?)

つまりは、ユーザーが勝手に「ある1つの種類の情報の雛形」を作ることができるわけです。その後、他の人が同じ雛形を使って情報を追加していけば、そこには一定の意味を持った、情報の集合ができます。

Googleのやることですから、次には必ずロボット検索をやるはずです。
上記のようにして作られた雛形は、自動的にXML/RDFフォーマットを生成するに違いないのです。フォーマットが生成されたら、世界中のユーザーはそれを利用して情報を記述し、ウェブに上げることができます。Google Baseに直接登録してもいいですし、そうでなければGoogleのロボットが拾いにくるでしょう。そしてさまざまなウェブサービスも、そういったフォーマットを利用することになるでしょう。そうなれば、同じ系統の情報を持つウェブサービスが互いに連携する土壌が生まれます。

こういうきっかけで、世界規模かつ極めて拡張性の高いセマンティック・ウェブが実現されてしまうかもしれません。ユーザーは意図せずとも、世界規模に流通可能なあらゆる種類の情報のデータフォーマットを作ることができるのです。そうなれば、近くにマシな家具屋さんやカーテン屋さんがあるかどうか、とかもきっとわかるはず。

・・という妄想をしてみました。

Google Baseの実体がぜんぜん違うものである可能性は全く否定できません。

スポンサーサイト

テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ

2005.11.17 | Comments(3) | Trackback(4) | 未分類

コメント

ちょっとぐぐったら同じ感じの意見書かれている方を発見。
案外普遍的な捉え方なのかなー

2005-11-17 木 22:19:26 | URL | はむ! #sqCyeZqA [ 編集]

結局・・・

その方法を考えたとしても商業利用する人がいて検索結果はぼかされてしまう罠(´・ω・`)

2005-11-18 金 09:13:13 | URL | ふぁむ #- [ 編集]

どこへ行っても(許可制にしない限り)spam問題はついてくるだろうから、その対策は常に必要だけど、まあそれはそれで解決策はあるのでしょう。いたちごっこかもしれないけれど。

2005-11-19 土 17:26:57 | URL | はむ! #sqCyeZqA [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://hammm.blog21.fc2.com/tb.php/42-fa3f7c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Google Analyticsに喰われてたまるか

あのGoogleが、アクセス解析サービスに参入。一応、オイラもアクセス解析ソリューションを開発&提供しているので、、、しかも、Googleでトップだったりするので、、、いやー、びっくりびっくり。

2005.11.18 | お気楽極楽スクリプト

グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開

グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開 グーグル(Google)のグーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開されました。 テンプレートが用意されているほか、利用者が自分で項目を設定することもでき

2005.11.18 | 無料インターネットサービス日記

グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開

グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開グーグル(Google)のグーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開されました。テンプレートが用意されているほか、利用者が自分で項目を設定することもできる。

2005.11.18 | グーグルの世界(Google World)

Microsoftがグーグルベース(Google Base)対抗に”Fremont”無料サービス

Microsoftがグーグルベース(Google Base)対抗に”Fremont”無料サービスグーグルベース(Google Base)に対応して、Fremontは個人や企業が簡単に案内広告を出せる、オンライン・ナノパブリッシングサービスである。グーグルベースに刺激されたわけではないとMS側は説明し

2006.01.30 | The Paradigm Shift:パラダイムシフト

新しい記事へ <<  | HOME |  >> 古い記事へ

広告:

FC2Ad

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類(13)
  • Lua(38)
  • プログラミング(11)
  • 食べ物(3)
  • SPAM(2)
  • ゲーム開発(4)
  • GIS/GPS/GoogleMaps(2)
  • スポーツ(1)
  • Skype API(1)
  • AR(1)

はてブ ランキング

ブログ全体: このWikiのはてなブックマーク数

プロフィール

はむ!

Author:はむ!
よく使う言語・環境:
C++,C,Lua,java,VBA,DB
たまにPHPとかjavascript
血液型:O型

メール: lua%ham.nifty.jp
(%を@に変えてください)
ついったー: @hammmm

Lua関連アンテナ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。